桃李談話室
[ホーム] [注意] [検索] [過去ログ] [管理] [連歌俳諧論] [歌仙の部屋] [和歌連作] [桃李写真館]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

桃李九月定例句会のお知らせ 投稿者:丹仙 投稿日:2018/09/16(Sun) 16:58 No.2159   HomePage
兼題または当季雑詠

兼題T 台風禍
兼題U 敬老日
兼題V 秋彼岸

9月15日(日) 投句開始
9月22日(日) 投句締切 翌日選句開始
9月29日(日) 選句締切 
9月30日(日) 披講

投句/選句するには、左の「投句選句用紙」のリンクか
「返信ボタン」の左のホームのアイコンをクリックして下さい。   



選句をお願いします 丹仙 - 2018/09/23(Sun) 16:13 No.2160  

投句一覧

投句者:しゐ、楽千、松風子、春愁、英治、秋童子、素人、素蘭、明子、鈴居、丹仙

[1]:秋彼岸みたらし団子玄米茶
あきひがんみたらしだんごげんまいちゃ(秋彼岸・秋彼岸)

[2]:Eメールのみのお祝い敬老日
いーめーるのみのおいわいけいろうび(敬老日・敬老日)

[3]:お祝ひに缶入ピース敬老日
おいわいにかんいりぴーすけいろうび(敬老日・敬老日)

[4]:風いつかバロック調に秋彼岸
かぜいつかバロックちょうにあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[5]:空元気出すも敬老の日ならば
からげんきだすもけいろうのひならば(敬老日・敬老の日)

[6]:変はるかはる地球よ変はる台風禍
かわるかわるちきゅうよかわるたいふうか(台風禍・台風禍)

[7]:今日は何問う義父に告ぐ敬老日
きょうはなにとうちちにつぐけいろうび(敬老日・敬老日)

[8]:キラキラの洋杖も良し敬老日
きらきらのすてっきもよしけいろうび(敬老日・敬老日)

[9]:敬老の日ペアルックのバッグ手に
けいろうのひペアルックのバッグてに(敬老日・敬老の日)

[10]:敬老日妻いそいそと厚化粧
けいろうびつまいそいそとあつげしょう(敬老日・)

[11]:敬老日まだ喜べぬお年頃
けいろうびまだよろこべぬおとしごろ(敬老日・敬老日)

[12]:結局はコンビニ弁当敬老日
けっきょくはこんびにべんとうけいろうび(敬老日・)

[13]:好物のおはぎを供へ秋彼岸
こうぶつのおはぎをそなえあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[14]:国道の落ち木を避けて台風禍
こくどうのおちきをさけてたいふうか(台風禍・台風禍)

[15]:この星のいよいよ病めり台風禍
このほしのいよいよやめりたいふうか(台風禍・台風禍)

[16]:参道に残る倒木台風禍
さんどうにのこるとうぼくたいふうか(台風禍・台風禍)

[17]:しづかなる老いの身ぐるり秋彼岸
しずかなるおいのみぐるりあきひがん(秋彼岸・)

[18]:聖堂に古稀集ひけり敬老日
せいどうにこきつどひけりけいろうび(敬老日・)

[19]:その日とは気づかぬままの敬老日
そのひとはきづかぬままのけいろうび(敬老日・敬老日)

[20]:空澄みて葉も薄化粧秋彼岸
そらすみてはもうすげしょうあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[21]:台風禍有情無情を蹴散らかし
たいふうか うじょうむじょうをけちらかし(台風禍・台風禍)

[22]:台風禍五重の塔に龍の傘
たいふうかごじゅうのとうにりゅうのかさ(台風禍・)

[23]:台風禍ぶるんぶるんとヘリコプター
たいふうかぶるんぶるんとへりこぷたー(台風禍・)

[24]:台風のど真ん中にいま家屋敷
たいふうのどまんなかにいまいえやしき(台風禍・)

[25]:ただ茫然為す術もなく台風禍
ただぼうぜんなすすべもなくたいふうか(台風禍・台風禍)

[26]:地図ひろげ台風禍の町探しおり
ちずひろげたいふうかのまちさがしおり(台風禍・台風禍)

[27]:寺町にまだ日の強し秋彼岸
てらまちにまだひのつよしあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[28]:西の門最中に入り日秋彼岸
にしのもんもなかにいりひあきひがん(秋彼岸・)

[29]:のちの世のたしかにあらむ秋彼岸
のちのよのたしかにあらむあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[30]:バス停に猫眠りゐし秋彼岸
ばすていにねこねむりいしあきひがん(秋彼岸・)

[31]:まだ熱き墓石に水を秋彼岸
まだあつきぼせきにみずをあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[32]:もののふの耶蘇の来た道秋彼岸
もののふのやそのきたみちあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[33]:破れ硝子季語にあらねど台風禍
やれがらすきごにあらねどたいふうか(台風禍・台風禍)



桃李八月定例句会 投稿者:丹仙 投稿日:2018/08/15(Wed) 17:08 No.2155   HomePage
兼題または当季雑詠

兼題T 広島忌
兼題U 長崎忌
兼題V 終戦日

8月15日(水) 投句開始
8月22日(水) 投句締切 翌日選句開始
8月29日(水) 選句締切り 
8月31日(金) 披講

投句/選句するには、左の「投句選句用紙」のリンクか
「返信ボタン」の左のホームのアイコンをクリックして下さい。   



選句をお願いします 丹仙 - 2018/08/23(Thu) 18:11 No.2157  

投句一覧

投句者:鈴居、秋童子、楽千、素蘭、松風子、英治、翔河川、敢且、春愁、丹仙

[1]:あばら家に如己愛を聴く長崎忌
あばらやににょこあいをきくながさきき(長崎忌・)

[2]:逝く者は昼夜をおかず長崎忌
いくものは ちゅうやをおかず ながさきき(長崎忌・長崎忌)

[3]:唖蝉の声なき声や終戦日
おしぜみのこえなきこえやしゅうせんび(終戦日・)

[4]:過去形はいまを救えず終戦日
かこけいは いまをすくえず しゅうせんび(終戦日・終戦日)

[5]:階段の影のみ残すや広島忌
きざはしのかげのみのこすやひろしまき(広島忌・)

[6]:巨人軍つぎは勝ちます終戦日
きょじんぐんつぎはかちますしゅうせんび(終戦日・)

[7]:業火負ふ人の世にあり広島忌
ごうかおうひとのよにありひろしまき(広島忌・広島忌)

[8]:ゴキブリに身構へてゐる長崎忌
ごきぶりにみがまえているながさきき(長崎忌・)

[9]:終戦日反省する方しない方
しゅうせんびはんせいするかたしないかた(終戦日・終戦日)

[10]:女生徒の空へ歌声長崎忌
じょせいとのそらへうたごえながさきき(長崎忌・長崎忌)

[11]:蝉鳴くや子ら活き活きと終戦日
せみなくやこらいきいきとしゅうせんび(終戦日・蝉)

[12]:誰が鳴らす鐘の響や長崎忌
たがならすかねのひびきやながさきき(長崎忌・長崎忌)

[13]:謔至の瞬寒に�ヒロシマ蕊
ちんこんのまちかわにきりヒロシマき(尺講シノ・エィ�)

[14]:鎮魂の街川に霧ヒロシマ忌
ちんこんのまちがわにきりヒロシマき(広島忌・川霧)

[15]:長崎忌被爆マリアは泣きたまふ
ながさききひばくまりあはなきたまう(長崎忌・長崎忌)

[16]:伊埖の壊ラヂオ剿ぎて恷彰撰
はちがつのせみラヂオあおぎてさいけいれい(スK鷹ネユ・伊埖のマs)

[17]:八月の蝉ラヂオ仰ぎて最敬礼
はちがつのせみラヂオあおぎてさいけいれい(終戦日・八月の蝉)

[18]:爆竹の煙立ち上る長崎忌
ばくちくのけむたちのぼるながさきき(長崎忌)

[19]:広島忌あの日あの時豪雨なら
ひろしまきあのひあのときごううなら(広島忌・広島忌)

[20]:広島忌語り尽くせぬ今もなお
ひろしまきかたりつくせぬいまもなお(広島忌・広島忌)

[21]:広島忌瞬時まぶしく新幹線
ひろしまきしゅんじまぶしくしんかんせん(広島忌・)

[22]:マックケンタ何処にでもあり終戦日
まっくけんたどこにでもありしゅうせんび(終戦日・)

[23]:六日足す九日ありき終戦日
むいかたすここのかありきしゅうせんび(終戦日・終戦日)

[24]:めらめらと憤怒わき立つ広島忌
めらめらと ふんぬわきたつ ひろしまき(広島忌・広島忌)

[25]:マリアさま唖フm羊梳よ宸フ雑
マリアさまおらんださかよがくのはな(餃ニ鮠ノ・宸フ雑)

[26]:マリアさまおらんだ坂よ額の花
マリアさまおらんださかよがくのはな(長崎忌・額の花)



選句一覧 丹仙 - 2018/09/02(Sun) 08:44 No.2158  

英治

天の句:[10]女生徒の空へ歌声長崎忌
心にひびく。

地の句:[4]過去形はいまを救えず終戦日
忘れっぽい人々。

人の句:[3]唖蝉の声なき声や終戦日
いかにも。


秋童子

天の句:[3]唖蝉の声なき声や終戦日
たくさんの「声なき声」が、戦争のありのままを今に伝えています。

地の句:[1]あばら家に如己愛を聴く長崎忌
永井隆博士が最後を過ごした如己堂で、その人生を偲びつつ。

人の句:[19]広島忌あの日あの時豪雨なら
広島はあの日、朝から快晴だったばかりに。


素蘭

天の句:[12]誰が鳴らす鐘の響や長崎忌
余韻が心耳にとどまって…

地の句:[17]八月の蝉ラヂオ仰ぎて最敬礼
フラッシュバックするあの日の「私」

人の句:[8]ゴキブリに身構へてゐる長崎忌
鎮魂の日ながら「討ちてし止まむ」の標的が!


春愁

天の句:[3]唖蝉の声なき声や終戦日
地の句:[6]巨人軍つぎは勝ちます終戦日
人の句:[20]広島忌語り尽くせぬ今もなお

松風子

天の句:[21]広島忌瞬時まぶしく新幹線
一瞬、光を放って通り過ぎる新幹線に広島忌をかさねる意外性が面白い

地の句:[11]蝉鳴くや子ら活き活きと終戦日
戦争が終わり、子供らのいききとした姿がふたたびよみがえったという感慨句

人の句:[10]女生徒の空へ歌声長崎忌
少女らの平和を願う清々しい声が長崎忌にふさわしい


翔河川

天の句:[03]唖蝉の声なき声や終戦日 死者の声

地の句:[05]階段の影のみ残すや広島忌 建物はなく

人の句:[04]過去形はいまを救えず終戦日 時間は戻らない


丹仙

天の句:[8]ゴキブリに身構へてゐる長崎忌
ゴキブリと長崎忌トの取り合わせに、ブラックユーモアを感じます。人間にとっては駆除したくなる対象でしょうが、ゴキブリに身になって考えれば真逆の話。感情移入できない他者への不条理な憎悪が、手前勝手な残酷さを生みます。

地の句:[17]八月の蝉ラヂオ仰ぎて最敬礼
終戦日を不言題としましたが、この場合はそのほうが情景が鮮明となりますね。

人の句:[12]誰が鳴らす鐘の響や長崎忌
永井博士のことを記憶している人がどれだけいるのか、それでも長崎の鐘の響きは長崎忌を思い出させます。



桃李八月投句 投稿者:春愁 投稿日:2018/08/18(Sat) 17:11 No.2156  
出句欄が文字化けするので、こちらに出句します。

兼題T 広島忌 鎮魂の街川に霧ヒロシマ忌(川霧)
兼題U 長崎忌 マリアさま阿蘭陀坂よ額の花(額の花)
兼題V 終戦日 八月の蟬ラヂオ仰ぎて最敬禮(八月の蟬)



桃李7月定例句会のお知らせ 投稿者:丹仙 投稿日:2018/07/18(Wed) 09:52 No.2153   HomePage
兼題または當季雑詠

兼題T 出水
兼題U 暑
兼題V 禊

開催日程を以下のように変更しました。

7月15日 (日) →7月18日(水)投句開始
7月22日(日) →7月25日(水)投句締切 翌日選句開始
7月29日(日) →8月1日 (水)選句締切り 
7月 31日(火) →8月2日 (木)披講



選句をお願いします 丹仙 - 2018/07/26(Thu) 12:18 No.2154   HomePage

投句者:楽千、英治、素蘭、春愁、鈴居、翔河川、秋童子、松風子、明子、丹仙

[1]:茜さす昼の露天の暑さかな
あかねさすひるのろてんのあつさかな(暑・暑さ)

[2]:悪しき世の悪事繕う禊かな
あしきよのあくじつくろうみそぎかな(禊・禊)

[3]:暑き日の暑き夜半への家路かな
あつきひのあつきよわへのいえじかな(暑・)

[4]:天の下山川崩れ出水して
あまのしたやまかわくずれでみずして(出水・出水)

[5]:イオンまで1キロ潜らん火の禊
いおんまでいちきろくぐらんひのみそぎ(禊・火の禊[スーパーまでの道程])

[6]:今や笑み指差す壁の出水跡
いまやえみゆびさすかべのでみずあと(出水・)

[7]:酷暑抜け入りし信金女子笑顔
こくしょぬけいりししんきんじょしえがお(暑・酷暑)

[8]:ご破算に出来ぬ人生秋出水
ごはさんにできぬじんせいあきでみず(出水・秋出水)

[9]:斎王のほのかに語る禊かな
さいおうのほのかにかたるみそぎかな(禊・)

[10]:斎王の禊せしとふ夏河原
さいおうのみそぎせしとうなつかわら(禊・夏河原)

[11]:磯長稜人影見えぬ大暑かな
しながりょうひとかげみえぬたいしょかな(暑・大暑)

[12]:制御なきアポロンの馬車暑気中り
せいぎょなきアポロンのばしゃしょきあたり(暑・暑気中り)

[13]:大暑かな二人で一つ女傘
たいしょかなふたりにひとつおんながさ(暑・大暑)

[14]:梅雨出水一市五町に及びけり
つゆでみずいっしごちょうにおよびけり(出水・梅雨出水)

[15]: 手をかざす人影とおき暑さかな
てをかざすひとかげとおきあつさかな(暑・暑さ)

[16]:出会ふ人ごとに暑さを嘆きたる
であうひとごとにあつさをなげきたる(暑・暑さ)

[17]:出水川鮒も目高も生き延びよ
でみずがわふなもめだかもいきのびよ(出水・)

[18]:出水後の友4日目に「生きとるよ」
でみずごのともよっかめに「いきとるよ」(出水・出水)

[19]:出水去り郡上に泉戻れかし
でみずさりぐじょうにいずみもどれかし(出水)

[20]:流さるる河童のゆくへ夏水禍
ながさるるかっぱのゆくへなつすいか(出水・夏水禍)

[21]:夏出水瓦礫の町の朝の弥撒
なつでみずがれきのまちのあさのみさ(出水・夏出水)

[22]:夏出水二階の窓が船着き場
なつでみずにかいのまどがふなつきば(出水・)

[23]:夏祓通行止めの太鼓橋
なつはらえつうこうどめのたいこばし(禊・夏祓)

[24]:日日の泥まみれなる御禊かな
にちにちのどろまみれなるみそぎかな(禊・御祓)

[25]:平成の御代を見送る禊かな
へいせいのみよをみおくるみそぎかな(禊・)

[26]:禊してまず断捨離を夕薄暑
みそぎしてまずだんしゃりをゆうはくしょ(禊・夕薄暑)

[27]:禊とは産土の智慧茅の輪かな
みそぎとはうぶすなのちえちのわかな(禊・茅の輪)

[28]:守宮住む家流されし夏出水
やもりすむいえながされしなつでみず(出水・)

[29]:40度あわてて延期暑気払い
よんじゅうどあわててえんきしょきばらい(暑・暑気払い)

[30]:輪中今円陣を成す出水かな
わじゅういまえんじんをなすでみずかな(出水・出水)



桃李6月定例句会のお知らせ  投稿者:丹仙 投稿日:2018/06/15(Fri) 09:09 No.2150   HomePage
兼題または當季雑詠

兼題T 入梅
兼題U 梅雨晴
兼題V 紫陽花

6月15日 (金) 投句開始
6月22日(金) 投句締切 翌日選句開始
6月29日(金) 選句締切り 
6月30日(土) 披講



選句をお願いします 丹仙 - 2018/06/24(Sun) 11:36 No.2151   HomePage

投句一覧

投句者:鈴居、春愁、楽千、秋童子、素蘭、素人、松風子、英治、翔河川、明子、丹仙

[1]:朝霧に紫陽花香る村の寺
あさぎりにあじさいかおるむらのてら(紫陽花・紫陽花)

[2]:紫陽花の青はふる里ポルトガル
あじさいのあおはふるさとぽるとがる(紫陽花・)

[3]:あぢさゐのまろき容を愛すかな
あじさいのまろきかたちをあいすかな(紫陽花・あぢさゐ)

[4]:紫陽花の道に迷うて修道女
あじさいのみちにまようてしゅうどうじょ(紫陽花・)

[5]:紫陽花や即身仏の如く枯れ
あじさいやそくしんぶつのごとくかれ(紫陽花・紫陽花)

[6]:紫陽花やなゐに蹴られし石灯籠
あじさいやないにけられしいしどうろう(紫陽花・)

[7]:紫陽花を分け行く舟のつのかくし
あじさいをわけゆくふねのつのかくし(紫陽花・)

[8]:歩めども路地歩めども梅雨にほふ
あゆめどもろじあゆめどもつゆにおう(入梅・梅雨)

[9]:荒川の鈍く太りて梅雨に入る
あらかわのにぶくふとりてつゆにいる(入梅・)

[10]:一埒のビフォア・アフター五月晴
いちらちのびふぉああふたーさつきばれ(梅雨晴・五月晴)

[11]:うそだますごまかす政治梅雨に入る
うそだますごまかすせいじつゆにいる(入梅・梅雨に入る)

[12]:移り気をなじる男や濃紫陽花
うつりぎをなじるおとこやこあじさい(紫陽花・濃紫陽花)

[13]:海色のあぢさゐ愛しシーボルト 
うみいろのあじさいいとしシーボルト (紫陽花・紫陽花)

[14]:傘張りの身過ぎ世過ぎや梅雨に入る
かさはりのみすぎよすぎやつゆにいる(入梅・梅雨に入る)

[15]:気がつけば音も無く雨梅雨に入る
きがつけばおともなくあめつゆにいる(入梅・梅雨に入る)

[16]:この国を丸洗いしたし梅雨晴間
このくにをまるあらいしたしつゆはれま(梅雨晴・梅雨晴間)

[17]:白番のピシリと決まる梅雨の晴
しろばんのピシリときまるつゆのはれ(梅雨晴・梅雨の晴)

[18]:太陽に虹色の暈梅雨晴間
たいようににじいろのかさつゆはれま(梅雨晴・梅雨晴間)

[19]:散り花の点々とある梅雨晴れ間
ちりばなのてんてんとあるつゆはれま(梅雨晴・梅雨晴れ間)

[20]:梅雨晴れ間洗濯物を干すやもめ
つゆはれませんたくものをほすやもめ(梅雨晴・梅雨晴れ間)

[21]:梅雨晴れの瀬に老画家の投網打つ
つゆばれのせにろうがかのとあみうつ(梅雨晴・)

[22]:梅雨晴れやカメラ📷に収む山の緑
つゆばれやかめらにおさむやまのあお(梅雨晴・梅雨晴れ)

[23]:梅雨晴や自転車で行く老典座
つゆばれやじてんしゃでゆくろうてんぞ(梅雨晴・)

[24]:東京の空は真四角梅雨晴間
とうきょうのそらはましかくつゆはれま(梅雨晴・)

[25]:独居老なゐの始末の梅雨晴間
どっきょろうないのしまつのつゆはれま(梅雨晴・)

[26]:入梅や鱗生え初む心地して
にゅうばいやうろこはえそむここちして(入梅・入梅)

[27]:入梅や無沙汰の友へ手紙書く
にゅうばいやぶさたのともへてがみかく(入梅・入梅)

[28]:入梅やミサの説教静々と
にゅうばいやみさのせっきょうしずしずと(入梅・)

[29]:入梅をまた得意気に言ふラジオ
にゅうばいをまたとくいげにいうらじお(入梅・)

[30]:表情はつくるものかは七変化
ひょうじょうはつくるものかはしちへんげ(紫陽花・七変化)

[31]:干店に紫陽花の鉢神楽坂
ほしみせにあじさいのはちかぐらざか(紫陽花・紫陽花)

[32]:武蔵野の湧き水滾る入梅かな
むさしののわきみずたぎるついりかな(入梅・)



選句一覧 丹仙 - 2018/06/30(Sat) 19:27 No.2152   HomePage

楽千

天の句:[32]武蔵野の湧き水滾る入梅かな 水の季節。水の命の生き生きと。

地の句:[21]梅雨晴れの瀬に老画家の投網打つ 画境、仙人の如し。現代人憧れの晩節である。

人の句:[15]気がつけば音も無く雨梅雨に入る 時の流れの止まる事なく。


松風子

天の句:[32]武蔵野の湧き水滾る入梅かな 梅雨時のみずみずしい景が感じられます

地の句:[7]紫陽花を分け行く舟のつのかくし 船の動きとともに、周囲の紫陽花の様子が見えます

人の句:[1]朝霧に紫陽花香る村の寺 紫陽花の群れ咲く景がよくでています


春愁

天の句:[4]紫陽花の道に迷うて修道女 修道女・・・取り上げるのが新鮮

地の句:[18]太陽に虹色の暈梅雨晴間 きれい

人の句:[24]東京の空は真四角梅雨晴間 確かに


英治

天の句:[9]荒川の鈍く太りて梅雨に入る けだるさを感じる。

地の句:[4]紫陽花の道に迷うて修道女 中世の絵画を見る。

人の句:[32]武蔵野の湧き水滾る入梅かな 情緒がある。


秋童子

天の句:[24]東京の空は真四角梅雨晴間 ビルも住宅も立て込んでいて。

地の句:[9]荒川の鈍く太りて梅雨に入る 「鈍く太りて」に実感がこもります。

人の句:[15]気がつけば音も無く雨梅雨に入る いかにも梅雨らしい雨です。


鈴居

天の句:[2]紫陽花の青はふる里ポルトガル 紫陽花の青が異国情緒漂うポルトガルの海の青空の青と重なる。

地の句:[5]紫陽花や即身仏の如く枯れ 即身たる枯れ花を詠むことでより紫陽花の美がイメージされる。

人の句:[27]入梅や無沙汰の友へ手紙書く 梅雨どきのゆったりした時間に心落ち着く。


素蘭

天の句:[31]干店に紫陽花の鉢神楽坂 神楽坂から漱石山房へ…時空を超えてブラハイクしたい...

地の句:[32]武蔵野の湧き水滾る入梅かな 桜桃忌に呼応するような趣

人の句:[26]入梅や鱗生え初む心地して 水狂言なら「半魚人」とか「蛇女」とか、、、


翔河川

天の句:[26]入梅や鱗生え初む心地して ムシムシ

地の句:[32]武蔵野の湧き水滾る入梅かな 水が太る季節

人の句:[25]独居老なゐの始末の梅雨晴間
明子

天の句:[9]荒川の鈍く太りて梅雨に入る 大きな景色です。

地の句:[32]武蔵野の湧き水滾る入梅かな しっかりとした描写だと思います。

人の句:[26]入梅や鱗生え初む心地して 湿度百パーセントの大気の中を泳ぎます。


丹仙

天の句:[7]紫陽花を分け行く舟のつのかくし 昔の絵伝を思わせるような、物語を秘めた構図が印象的でした

地の句:[13]海色のあぢさゐ愛しシーボルト  紫陽花の海の青が往昔の国境を越えた愛を偲ばせます

人の句:[21]梅雨晴れの瀬に老画家の投網打つ 山水画のような構図に惹かれました

[1] [2] [3] [4]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- IP Spam Filter -