桃李談話室
[ホーム] [注意] [検索] [過去ログ] [管理] [連歌俳諧論] [歌仙の部屋] [和歌連作] [桃李写真館]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

桃李10月定例句会のお知らせ 投稿者:丹仙 投稿日:2018/10/15(Mon) 08:26 No.2164   HomePage
兼題または当季雑詠

兼題T 秋時雨
兼題U 火祭
兼題V ハロウィン

10月15日(月) 投句開始
10月22日(月) 投句締切 翌日選句開始
10月29日(月) 選句締切り →11月01日(木)に延期します 
10月31日(水) 披講 →11月02日(金)に延期します

管理人の事情により、選句締め切りと披講の時期を上のように延期しました。

投句/選句するには、左の「投句選句用紙」のリンクか
「返信ボタン」の左のホームのアイコンをクリックして下さい。   




選句をお願いします 丹仙 - 2018/10/26(Fri) 16:50 No.2165  

投句者:楽千、素蘭、しゐ、春愁、秋童子、実生、松風子、明子、素人、鈴居、英治、翔河川、丹仙

[1]:秋時雨橋を渡れば昔町
あきしぐれ はしをわたればむかしまち(秋時雨・秋時雨)

[2]:秋時雨穢土の敵は流し目で
あきしぐれえどのかたきはながしめで(秋時雨・秋時雨)

[3]:秋時雨さんまのしおやき熱燗で
あきしぐれさんまのしおやきあつかんで(秋時雨・)

[4]:秋時雨手に吹掛ける己が息
あきしぐれてにふきかけるおのがいき(秋時雨・)

[5]:秋時雨人影消えし河童橋
あきしぐれひとかげきえしかっぱばし(秋時雨・秋時雨)

[6]:医師またも加齢を言へり秋時雨
いしまたもかれいをいえりあきしぐれ(秋時雨・)

[7]:運悪く傘持たぬ日の秋時雨
うんわるくかさもたぬひのあきしぐれ(秋時雨・秋時雨)

[8]:大風や鞍馬火祭吹き飛ばし
おおかぜやくらまひまつりふきとばし(火祭・火祭)

[9]:幼子にもかなしみはあり秋時雨
おさなごにもかなしみはありあきしぐれ(秋時雨・秋しぐれ)

[10]:街道の名残の榎秋時雨
かいどうのなごりのえのきあきしぐれ(秋時雨・秋時雨)

[11]:かの国の死者たち陽気ハロウィン
かのくにのししゃたちようきはろういん(ハロウィン・ハロウィン)

[12]:逆算の余生に拍車秋しぐれ 
ぎゃくさんのよせいにはくしゃあきしぐれ (秋時雨・秋しぐれ)

[13]:暗闇にカボチャが嗤ふハロウイン
くらやみにかぼちゃがわらうはろういん(ハロウィン・)

[14]:くり貫かれ目鼻つけられ南瓜座す
くりぬかれめはなつけられかぼちゃざす(ハロウィン・南瓜)

[15]:玄関の南瓜に目玉ハロウイン
げんかんのかぼちゃにめだまはろういん(ハロウィン・)

[16]:幻視今あかあかと火の祭かな
げんしいまあかあかとひのまつりかな(火祭・祭)

[17]:仕上がりはムンクの叫び南瓜彫る
しあがりはムンクのさけびかぼちゃほる(ハロウィン・南瓜彫る)

[18]:したいことしないと決めて秋時雨
したいことしないときめてあきしぐれ(秋時雨・)

[19]:渋谷は雨畑のカボチャ待つハロウィン
しぶやはあめはたけのかぼちゃまつはろうぃん(ハロウィン・)

[20]:10月やハロウィン嫌いもジャンボ籤
じゅうがつやはろうぃんぎらいもじゃんぼくじ(ハロウィン・10月)

[21]:誰が誰どこもかしこもハロウイン
だれがだれどこもかしこもはろういん(ハロウィン・)

[22]:忠犬は微動だにせず秋時雨
ちゅうけんはびどうだにせずあきしぐれ(秋時雨・)

[23]:電車中コウモリ1羽座ってる
でんしやなかこうもりいちわすわってる(ハロウィン・コウモリ)

[24]:涙滲ませ火祭に参じたる
なみだにじませひまつりにさんじたる(火祭・火祭)

[25]:ハロウィンやケルトに旧きi妖魔伝
はろうぃんやけるとにふるきようまでん(ハロウィン・ハロウィン)

[26]:ハロウィンや魔女ひとごみをそぞ歩き
はろうぃんやまじょひとごみをそぞあるき(ハロウィン・)

[27]:ハロウィンの仮装で帰宅園児たち
はろういんのかそうできたくえんじたち(ハロウィン・ハロウィン)

[28]:半平太 濡れて帰れず 秋時雨
はんぺいた ぬれてかえれず あきしぐれ(秋時雨・)

[29]:独り居に誰かの気配秋時雨
ひとりいにだれかのけはいあきしぐれ(秋時雨・秋時雨)

[30]:火祭りの松明闇を焦がしゆく
ひまつりのたいまつやみをこがしゆく(火祭・火祭)

[31]:火祭や一度は行って見たきもの
ひまつりやいちどはいってみたきもの(火祭・火祭)

[32]:火祭や父より継ぎし我が血潮
ひまつりやちちよりつぎしわがちしお(火祭・)

[33]:火祭やひそと牛若紛れ込む
ひまつりやひそとうしわかまぎれこむ(火祭・火祭)

[34]:火祭りを やりたく思う 外来種
ひまつりを やりたくおもう がいらいしゅ(火祭・)

[35]:火祭りや神輿の綱に縋りつく
ひまるりやみこしのつなにすがりつく(火祭・)

[36]:病むひとに火祭りの景ツイートす
やむひとにひまつりのけいついーとす(火祭・)

[37]:ハロウィン もみの木に 髑髏が揺れる 
ハロウィン もみのきに どくろがゆれる (ハロウィン・)

[38]:ハロウィンや黒猫の娘の眼が光る
ハロウィンやくろねこのこのめがひかる(ハロウィン・)



選句一覧 丹仙 - 2018/11/02(Fri) 11:12 No.2166  

春愁

天の句:[22]忠犬は微動だにせず秋時雨
健気、賢い

地の句:[2]秋時雨穢土の敵は流し目で
座五が、きいている

人の句:[21]誰が誰どこもかしこもハロウイン
渋谷スクランブル、少々異常

楽千

天の句:[17]仕上がりはムンクの叫び南瓜彫る
この連想に脱帽。

地の句:[16]幻視今あかあかと火の祭かな
今夜も妄想で眠れそうもない。

人の句:[10]街道の名残の榎秋時雨
時代を越えて旅人を見てきた榎。

しゐ

天の句:[18]したいことしないと決めて秋時雨
かと言って、したくないことを済ませてしまうにも、やはり億劫なこの天気。

地の句:[6]医師またも加齢を言へり秋時雨
しかも、パソコンから目を離さぬままこれを告げるドクターの何と恨めしいこと。

人の句:[34]火祭りを やりたく思う 外来種
外来種植物のあまりの繁殖力に、ふと、火を放ちたい衝動が……

秋童子

天の句:[9]幼子にもかなしみはあり秋時雨
よくわかります。

地の句:[18]したいことしないと決めて秋時雨
この決断。

人の句:[28]半平太 濡れて帰れず 秋時雨
春雨なら帰れたのに。

実生

天の句:[22]忠犬は微動だにせず秋時雨
農業土木の先駆者上野英三郎と現場を走ったのかもしれない、秋時雨どこで出会ったのかな。用水を貯めるのをやめた頭首工。

地の句:[33]火祭やひそと牛若紛れ込む
幻想的な。

人の句:[13]暗闇にカボチャが嗤ふハロウイン
不気味。

素蘭

天の句:[24]涙滲ませ火祭に参じたる
情は情として………

地の句:[6]医師またも加齢を言へり秋時雨
医師もまた己が加齢をそぞろ寒

人の句:[14]くり貫かれ目鼻つけられ南瓜座す
rape of pumpkin?

松風子

天の句:[10]街道の名残の榎秋時雨
亭々とそびえ立つ榎の雨の中の景が見えます

地の句:[29]独り居に誰かの気配秋時雨
屋根をうつ時雨の音が、あたかも誰かがいるように思えることはよくあります

人の句:[32]火祭や父より継ぎし我が血潮
火祭りを受け継ぐ我が家系の血潮をあらためて知るという感慨

鈴居

天の句:

地の句:[30]火祭りの松明闇を焦がしゆく
闇と秋の冷え込みが感じられる。

人の句:[5]秋時雨人影消えし河童橋
道具買で賑わう河童橋。雨の為か景気の曇りか、もの寂しい風景

英治

天の句:[37]ハロウィン もみの木に 髑髏が揺れる 
雰囲気あり。

地の句:[10]街道の名残の榎秋時雨
格調のある句。

人の句:[17]仕上がりはムンクの叫び南瓜彫る
ムンクがよい。

素人

天の句:[12]逆算の余生に拍車秋しぐれ 
死期を定めての逆算。切ないものがあります。

地の句:[36]病むひとに火祭りの景ツイートす
元気づけ。良くなったら一緒に見に来ようと。

人の句:[14]くり貫かれ目鼻つけられ南瓜座す
すっかり風物詩となって定着の感ありですね。

明子

天の句:[29]独り居に誰かの気配秋時雨
微かだけど確かな気配。

地の句:[16]幻視今あかあかと火の祭かな
炎のもたらす非日常の世界です。

人の句:[27]ハロウィンの仮装で帰宅園児たち
可愛いい魔女たちが楽しそうに帰ってきました。

翔河川

天の句:[01]秋時雨橋を渡れば昔町
橋の向こうにあるノスタルジー

地の句:[10]街道の名残の榎秋時雨
昔の旅人が休んでいそう

人の句:[36]病むひとに火祭りの景ツイートす
いっしょに来たかった

丹仙

天の句:[9]幼子にもかなしみはあり秋時雨
かなしみ、あり、あきしぐれ、の母音「あ」の頭韻が、あたかもモーツアルトの音楽のごとく、明るさのうちに駆け抜ける悲しみを感じさせます。

地の句:[11]かの国の死者たち陽気ハロウィン
ハロウィンの祭りの起源は、生者と死者の交流ですから、日本のお盆とにていますが、やはり「かの国」の死者は、あまり湿っぽくなく陽気な雰囲気の祭りになりました。

人の句:[36]病むひとに火祭りの景ツイートす
現代的な情景がよく浮かびますね。



お知らせ 投稿者:ぽぽな 投稿日:2018/09/29(Sat) 05:30 No.2161   HomePage
お久しぶりです。ちょっぴりお知らせに参りました。
現在発売中の本阿弥書店『俳壇』10月号「新若手トップランナー」に月野ぽぽなを取り上げていただいています。また角川書店『俳句』10月号には15句掲載していただいてます。機会がありましたらどうぞご覧下さい。
また句会にも参加させていただきます。よろしくお願いいたします。



Re: お知らせ 丹仙 - 2018/10/05(Fri) 11:28 No.2163  

『俳壇』10月号に寄稿されたぽぽなさんの「私と俳句」というエッセー、興味深く読みました。ニューヨーク在住のぽぽなさんが米国と日本との距離を飛び越えて、桃李歌壇の句会に参加された当時のことは良く覚えています。あれはもう16年前のことだったのですね。エッセイの中で触れられた

花冷えや母の匂ひの貝釦

は、平成18年4月の句会桃李の最高点の句でした。

ぽぽなさんは、その後、金子兜太主宰の「海程」に入会され、角川俳句賞を受賞(第63回)され、文字通り「新若手トップランナー」として活躍されています。

本阿弥書店『俳壇』と角川書店『俳句」10月号に寄せられた
25句から、私にとって特に印象深かった句を挙げますと

 朝顔の花びらはいちまいの水

加賀の千代尼の「朝顔や釣瓶とられて貰水」とおなじく早朝の朝顔の水を含んだ佇まいを「いちまいの水」と言い切った来たところにところに魅力を感じました。


 銀漢を吸い込んでから手紙読む
 調弦のところどころを星走る

は伝統俳句の季語を使いつつコスモロジカルな(大宇宙と小宇宙の)照応を見せています。天文と音楽を統合したピタゴラス派の音楽論が、一篇の詩となって日本の俳句に出てきたことを喜びたいと思います。

 竜淵に潜んで一粒の地球

は、「竜が淵に潜む」という古代中国のコスモロジーを下敷きにした秋の俳句ですが、地球を芥子粒のように小さな存在とみる視点をとることによって大宇宙と作者が一体となっている感触があり、そこに新鮮味を感じました。



桃李九月定例句会のお知らせ 投稿者:丹仙 投稿日:2018/09/16(Sun) 16:58 No.2159   HomePage
兼題または当季雑詠

兼題T 台風禍
兼題U 敬老日
兼題V 秋彼岸

9月15日(日) 投句開始
9月22日(日) 投句締切 翌日選句開始
9月29日(日) 選句締切 
9月30日(日) 披講

投句/選句するには、左の「投句選句用紙」のリンクか
「返信ボタン」の左のホームのアイコンをクリックして下さい。   



選句をお願いします 丹仙 - 2018/09/23(Sun) 16:13 No.2160  

投句一覧

投句者:しゐ、楽千、松風子、春愁、英治、秋童子、素人、素蘭、明子、鈴居、丹仙

[1]:秋彼岸みたらし団子玄米茶
あきひがんみたらしだんごげんまいちゃ(秋彼岸・秋彼岸)

[2]:Eメールのみのお祝い敬老日
いーめーるのみのおいわいけいろうび(敬老日・敬老日)

[3]:お祝ひに缶入ピース敬老日
おいわいにかんいりぴーすけいろうび(敬老日・敬老日)

[4]:風いつかバロック調に秋彼岸
かぜいつかバロックちょうにあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[5]:空元気出すも敬老の日ならば
からげんきだすもけいろうのひならば(敬老日・敬老の日)

[6]:変はるかはる地球よ変はる台風禍
かわるかわるちきゅうよかわるたいふうか(台風禍・台風禍)

[7]:今日は何問う義父に告ぐ敬老日
きょうはなにとうちちにつぐけいろうび(敬老日・敬老日)

[8]:キラキラの洋杖も良し敬老日
きらきらのすてっきもよしけいろうび(敬老日・敬老日)

[9]:敬老の日ペアルックのバッグ手に
けいろうのひペアルックのバッグてに(敬老日・敬老の日)

[10]:敬老日妻いそいそと厚化粧
けいろうびつまいそいそとあつげしょう(敬老日・)

[11]:敬老日まだ喜べぬお年頃
けいろうびまだよろこべぬおとしごろ(敬老日・敬老日)

[12]:結局はコンビニ弁当敬老日
けっきょくはこんびにべんとうけいろうび(敬老日・)

[13]:好物のおはぎを供へ秋彼岸
こうぶつのおはぎをそなえあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[14]:国道の落ち木を避けて台風禍
こくどうのおちきをさけてたいふうか(台風禍・台風禍)

[15]:この星のいよいよ病めり台風禍
このほしのいよいよやめりたいふうか(台風禍・台風禍)

[16]:参道に残る倒木台風禍
さんどうにのこるとうぼくたいふうか(台風禍・台風禍)

[17]:しづかなる老いの身ぐるり秋彼岸
しずかなるおいのみぐるりあきひがん(秋彼岸・)

[18]:聖堂に古稀集ひけり敬老日
せいどうにこきつどひけりけいろうび(敬老日・)

[19]:その日とは気づかぬままの敬老日
そのひとはきづかぬままのけいろうび(敬老日・敬老日)

[20]:空澄みて葉も薄化粧秋彼岸
そらすみてはもうすげしょうあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[21]:台風禍有情無情を蹴散らかし
たいふうか うじょうむじょうをけちらかし(台風禍・台風禍)

[22]:台風禍五重の塔に龍の傘
たいふうかごじゅうのとうにりゅうのかさ(台風禍・)

[23]:台風禍ぶるんぶるんとヘリコプター
たいふうかぶるんぶるんとへりこぷたー(台風禍・)

[24]:台風のど真ん中にいま家屋敷
たいふうのどまんなかにいまいえやしき(台風禍・)

[25]:ただ茫然為す術もなく台風禍
ただぼうぜんなすすべもなくたいふうか(台風禍・台風禍)

[26]:地図ひろげ台風禍の町探しおり
ちずひろげたいふうかのまちさがしおり(台風禍・台風禍)

[27]:寺町にまだ日の強し秋彼岸
てらまちにまだひのつよしあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[28]:西の門最中に入り日秋彼岸
にしのもんもなかにいりひあきひがん(秋彼岸・)

[29]:のちの世のたしかにあらむ秋彼岸
のちのよのたしかにあらむあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[30]:バス停に猫眠りゐし秋彼岸
ばすていにねこねむりいしあきひがん(秋彼岸・)

[31]:まだ熱き墓石に水を秋彼岸
まだあつきぼせきにみずをあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[32]:もののふの耶蘇の来た道秋彼岸
もののふのやそのきたみちあきひがん(秋彼岸・秋彼岸)

[33]:破れ硝子季語にあらねど台風禍
やれがらすきごにあらねどたいふうか(台風禍・台風禍)



選句一覧 丹仙 - 2018/09/30(Sun) 21:56 No.2162  

楽千

天の句:[8]キラキラの洋杖も良し敬老日 服装は派手派手が良し、杖はキラキラのステッキが良し。

地の句:[15]この星のいよいよ病めり台風禍 近年地球がおかしい、この荒れた気候はどうしちゃったのか。

人の句:[31]まだ熱き墓石に水を秋彼岸 まだ熱い墓石には情熱の人が眠った。


英治

天の句:[19]その日とは気づかぬままの敬老日 社会問題だ。

地の句:[20]空澄みて葉も薄化粧秋彼岸 気分も晴れる。

人の句:[15]この星のいよいよ病めり台風禍 異常気象とは言え。


しゐ

天の句:[1]秋彼岸みたらし団子玄米茶 こんなお供えをいただけるのなら、ホトケになる日も楽しみに。

地の句:[24]台風のど真ん中にいま家屋敷 何事も真っ只中には不思議なコーフンが。

人の句:[6]変はるかはる地球よ変はる台風禍 星レベルの変化に、ただおろおろするこの頃。


秋童子

天の句:[17]しづかなる老いの身ぐるり秋彼岸 秋のたたずまいに老身1人。

地の句:[31]まだ熱き墓石に水を秋彼岸 いかにも秋のお彼岸です。

人の句:[12]結局はコンビニ弁当敬老日 これもまた良し。


春愁

天の句:[10]敬老日妻いそいそと厚化粧 お元気で何よりです。

地の句:[33]破れ硝子季語にあらねど台風禍 破れ硝子・・・面白い

人の句:[2]Eメールのみのお祝い敬老日 一寸さびしい。


素蘭

天の句:[27]寺町にまだ日の強し秋彼岸 実感ですね

地の句:[18]聖堂に古稀集ひけり敬老日 来し方には紅顔ありて、今。

人の句:[5]空元気出すも敬老の日ならば 演出も妙薬の一つかと…


鈴居

天の句:[31]まだ熱き墓石に水を秋彼岸 秋の暖かさが心地よい

地の句:[10]敬老日妻いそいそと厚化粧 敬老の日も死語になるのか

人の句:[13]好物のおはぎを供へ秋彼岸 父もお萩が大好きでした。


明子

天の句:[15]この星のいよいよ病めり台風禍 温暖化やら何やらで、台風が巨大化してきました。
先が思いやられます。

地の句:[5]空元気出すも敬老の日ならば せめてもの意地でしょうか。

人の句:[30]バス停に猫眠りゐし秋彼岸 静けさ、穏やかさに惹かれました。


丹仙

天の句:[32]もののふの耶蘇の来た道秋彼岸 「もののふの耶蘇」という表現に惹かれました。武士道とキリスト教は、キリシタン時代だけでなく、明治維新後のキリスト者の生き様、彼らの歩んだキリスト者の道をも能く表しているように思いました。彼らにとって「彼岸」は日本の大地的霊性に根ざしながらも、天にいます主への超越をめざしたものとなったでしょう。

地の句:[8]キラキラの洋杖も良し敬老日 実にお洒落な老人の心意気に共感しました。

人の句:[4]風いつかバロック調に秋彼岸 秋風を「ヴィオロンのため息」と表現したのはベルレーヌですが、バイオリンの音色と倶に「バロック音楽の楽しみ」というラジオ番組を担当していた皆川達夫さんの声が聞こえてきました。潜伏キリシタンのオラショのルーツを辿るお話など興味深く聴いたことが思い出されます。



桃李八月定例句会 投稿者:丹仙 投稿日:2018/08/15(Wed) 17:08 No.2155   HomePage
兼題または当季雑詠

兼題T 広島忌
兼題U 長崎忌
兼題V 終戦日

8月15日(水) 投句開始
8月22日(水) 投句締切 翌日選句開始
8月29日(水) 選句締切り 
8月31日(金) 披講

投句/選句するには、左の「投句選句用紙」のリンクか
「返信ボタン」の左のホームのアイコンをクリックして下さい。   



選句をお願いします 丹仙 - 2018/08/23(Thu) 18:11 No.2157  

投句一覧

投句者:鈴居、秋童子、楽千、素蘭、松風子、英治、翔河川、敢且、春愁、丹仙

[1]:あばら家に如己愛を聴く長崎忌
あばらやににょこあいをきくながさきき(長崎忌・)

[2]:逝く者は昼夜をおかず長崎忌
いくものは ちゅうやをおかず ながさきき(長崎忌・長崎忌)

[3]:唖蝉の声なき声や終戦日
おしぜみのこえなきこえやしゅうせんび(終戦日・)

[4]:過去形はいまを救えず終戦日
かこけいは いまをすくえず しゅうせんび(終戦日・終戦日)

[5]:階段の影のみ残すや広島忌
きざはしのかげのみのこすやひろしまき(広島忌・)

[6]:巨人軍つぎは勝ちます終戦日
きょじんぐんつぎはかちますしゅうせんび(終戦日・)

[7]:業火負ふ人の世にあり広島忌
ごうかおうひとのよにありひろしまき(広島忌・広島忌)

[8]:ゴキブリに身構へてゐる長崎忌
ごきぶりにみがまえているながさきき(長崎忌・)

[9]:終戦日反省する方しない方
しゅうせんびはんせいするかたしないかた(終戦日・終戦日)

[10]:女生徒の空へ歌声長崎忌
じょせいとのそらへうたごえながさきき(長崎忌・長崎忌)

[11]:蝉鳴くや子ら活き活きと終戦日
せみなくやこらいきいきとしゅうせんび(終戦日・蝉)

[12]:誰が鳴らす鐘の響や長崎忌
たがならすかねのひびきやながさきき(長崎忌・長崎忌)

[13]:謔至の瞬寒に�ヒロシマ蕊
ちんこんのまちかわにきりヒロシマき(尺講シノ・エィ�)

[14]:鎮魂の街川に霧ヒロシマ忌
ちんこんのまちがわにきりヒロシマき(広島忌・川霧)

[15]:長崎忌被爆マリアは泣きたまふ
ながさききひばくまりあはなきたまう(長崎忌・長崎忌)

[16]:伊埖の壊ラヂオ剿ぎて恷彰撰
はちがつのせみラヂオあおぎてさいけいれい(スK鷹ネユ・伊埖のマs)

[17]:八月の蝉ラヂオ仰ぎて最敬礼
はちがつのせみラヂオあおぎてさいけいれい(終戦日・八月の蝉)

[18]:爆竹の煙立ち上る長崎忌
ばくちくのけむたちのぼるながさきき(長崎忌)

[19]:広島忌あの日あの時豪雨なら
ひろしまきあのひあのときごううなら(広島忌・広島忌)

[20]:広島忌語り尽くせぬ今もなお
ひろしまきかたりつくせぬいまもなお(広島忌・広島忌)

[21]:広島忌瞬時まぶしく新幹線
ひろしまきしゅんじまぶしくしんかんせん(広島忌・)

[22]:マックケンタ何処にでもあり終戦日
まっくけんたどこにでもありしゅうせんび(終戦日・)

[23]:六日足す九日ありき終戦日
むいかたすここのかありきしゅうせんび(終戦日・終戦日)

[24]:めらめらと憤怒わき立つ広島忌
めらめらと ふんぬわきたつ ひろしまき(広島忌・広島忌)

[25]:マリアさま唖フm羊梳よ宸フ雑
マリアさまおらんださかよがくのはな(餃ニ鮠ノ・宸フ雑)

[26]:マリアさまおらんだ坂よ額の花
マリアさまおらんださかよがくのはな(長崎忌・額の花)



選句一覧 丹仙 - 2018/09/02(Sun) 08:44 No.2158  

英治

天の句:[10]女生徒の空へ歌声長崎忌
心にひびく。

地の句:[4]過去形はいまを救えず終戦日
忘れっぽい人々。

人の句:[3]唖蝉の声なき声や終戦日
いかにも。


秋童子

天の句:[3]唖蝉の声なき声や終戦日
たくさんの「声なき声」が、戦争のありのままを今に伝えています。

地の句:[1]あばら家に如己愛を聴く長崎忌
永井隆博士が最後を過ごした如己堂で、その人生を偲びつつ。

人の句:[19]広島忌あの日あの時豪雨なら
広島はあの日、朝から快晴だったばかりに。


素蘭

天の句:[12]誰が鳴らす鐘の響や長崎忌
余韻が心耳にとどまって…

地の句:[17]八月の蝉ラヂオ仰ぎて最敬礼
フラッシュバックするあの日の「私」

人の句:[8]ゴキブリに身構へてゐる長崎忌
鎮魂の日ながら「討ちてし止まむ」の標的が!


春愁

天の句:[3]唖蝉の声なき声や終戦日
地の句:[6]巨人軍つぎは勝ちます終戦日
人の句:[20]広島忌語り尽くせぬ今もなお

松風子

天の句:[21]広島忌瞬時まぶしく新幹線
一瞬、光を放って通り過ぎる新幹線に広島忌をかさねる意外性が面白い

地の句:[11]蝉鳴くや子ら活き活きと終戦日
戦争が終わり、子供らのいききとした姿がふたたびよみがえったという感慨句

人の句:[10]女生徒の空へ歌声長崎忌
少女らの平和を願う清々しい声が長崎忌にふさわしい


翔河川

天の句:[03]唖蝉の声なき声や終戦日 死者の声

地の句:[05]階段の影のみ残すや広島忌 建物はなく

人の句:[04]過去形はいまを救えず終戦日 時間は戻らない


丹仙

天の句:[8]ゴキブリに身構へてゐる長崎忌
ゴキブリと長崎忌トの取り合わせに、ブラックユーモアを感じます。人間にとっては駆除したくなる対象でしょうが、ゴキブリに身になって考えれば真逆の話。感情移入できない他者への不条理な憎悪が、手前勝手な残酷さを生みます。

地の句:[17]八月の蝉ラヂオ仰ぎて最敬礼
終戦日を不言題としましたが、この場合はそのほうが情景が鮮明となりますね。

人の句:[12]誰が鳴らす鐘の響や長崎忌
永井博士のことを記憶している人がどれだけいるのか、それでも長崎の鐘の響きは長崎忌を思い出させます。



桃李八月投句 投稿者:春愁 投稿日:2018/08/18(Sat) 17:11 No.2156  
出句欄が文字化けするので、こちらに出句します。

兼題T 広島忌 鎮魂の街川に霧ヒロシマ忌(川霧)
兼題U 長崎忌 マリアさま阿蘭陀坂よ額の花(額の花)
兼題V 終戦日 八月の蟬ラヂオ仰ぎて最敬禮(八月の蟬)

[1] [2] [3] [4]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
- IP Spam Filter -